☆シャンプー剤選びのポイント☆

こんにちは!!サトミです♪(´ε` )

みなさん、世の中は自粛期間真っ最中、いかがお過ごしでしょうか?

LiGAR休業中、私はというと、、、

休むに休めない家族のためにマスク作りをしたり、一緒に住んでいる彼がパーソナルトレーナーなので、この機会にトレーニングを始めてみたり、いろいろと今しか出来ない調べ物をしたりと、、、、

〝今〟を無駄にしないように心がけて過ごしております( ^ω^ )♪

 

そんな今、ワンちゃんを飼っているみなさんは、お家での愛犬シャンプーが増えているかと(^○^)

なので、今回はみなさんがお家で使う、犬用シャンプーを選ぶ際のポイント等をまとめてみました( ´ ▽ ` )

専門的な知識も混ぜながら、、、少し長くなっていますが、お時間ある方はぜひ目を通してみてください♪

 

 

☆シャンプー選びのポイント☆

愛犬の皮膚と被毛に付いている汚れは、皮脂や表皮が剥がれ落ちたフケ(タンパク質)、尿、便、唾液、血液、その他外部から付着したものなど、さまざまな成分からなっています。そして、水溶性や油性、固形などいくつもの形があります。

シャンプー剤とは、皮膚や被毛からあらゆる成分、形の汚れを取り除き、綺麗で衛生的な状態にすることが期待されます。

汚れを落とす働きのあるものはアルカリ漂白剤などありますが、シャンプー剤で使われる主役は、

界面活性剤です。

シャンプー剤には、石けんをはじめ、さまざまな界面活性剤が必ず含まれています。

逆にいうと、一般的なシャンプーで界面活性剤が入っていないものはありません。

界面活性剤とは、2つの異なる物質の境界面(界面)に作用し、混ざりやすくする物質のことを示します。

例えば、水と油は混ざりませんが、界面活性剤を利用すれば、混ぜ合わせることができます。

また、界面活性剤は水の表面張力を低下させることによって、水を物に染み込ませやすくさせる働きを持っています。これらの性質によって、界面活性剤は皮膚・被毛の汚れを落とす役割を果たすのです。

シャンプー剤を選ぶ際にはどのような界面活性剤が使われいるかが1番のポイントとなります!!

なぜならば、界面活性剤は愛犬の皮膚・被毛に最も影響を与える成分だからです。

皮脂や汚れを落とすためにはある程度の洗浄力は必要ですが、界面活性剤の洗浄力が強ければ、

必要以上に脱皮してしまい、皮膚に刺激を与えたり、被毛をパサパサにしてしまったりします。

逆に、洗浄力が弱いものを用いると、皮脂の分泌が多い、もしくは汚れが多いワンちゃんでは、

何度もシャンプーをしなくてはならなくなります。

シャンプー剤を選ぶ際には、まず界面活性剤の種類を確認することが大切です!!

そうすることによって、愛犬に最適のシャンプーを探すことが可能になるのです。

 

 

☆界面活性剤の種類

 

 

界面活性剤の種類には色々な種類がありますが、

水に溶かしたときに電気を持つ形になる①イオン性界面活性剤と、イオンにならない②非イオン性界面活性剤の2つに大きく分けられます。

さらに、イオン生活性剤はどのようなイオンを持つかで3つに分けられます。

シャンプー剤はさまざまな特徴を持たせるためにいくつもの界面活性剤を組み合わせます。

シャンプー剤で主に使われるのはアニオン界面活性剤両イオン界面活性剤の2つです。

 

①イオン性界面活性剤

●アニオン界面活性剤●

水に溶けたときに、親水基が陰イオンに電離する界面活性剤です。

油や汚れを浮かせて落とす力に優れ、泡立ちも良いため、多くのシャンプーに使用されています。

アニオン界面活性剤はまなざまな種類があり、

石けんをはじめ、合成の界面活性剤など、多く開発されています。

主なアニオン界面活性剤の中には、

高級アルコール系 、 石けん系 、 アミノ酸系 があり、刺激の強さや洗浄力などの特性がそれぞれ異なります。

 

【高級アルコール系界面活性剤】

 

植物油や石油から合成された高級アルコールを使用した界面活性剤です。

高級アルコールの〝高級〟は価格が高いものや、品質が良いものという意味ではありません。

高級アルコール系界面活性剤は、非常に強い洗浄力が特徴です。

しかし、洗浄力が強いため、必要な皮脂まで取り払ってしまい、皮膚・被毛がパサパサになってしまう恐れがあります。

また、たんぱく変成作用があるため、皮膚に対する刺激が強く、乾燥肌、敏感肌、

あるいはアレルギー性皮膚炎があるワンちゃんには不向きでしょう。

一方、皮漏症で皮膚・被毛がベタベタしているワンちゃんや、汚れが激しいワンちゃんをスッキリ洗い上げるには適しています。

また、原料が安価なため、低価格なシャンプーに使われていることも多いです。

 

〈代表的な高級アルコール系界面活性剤〉

・ラウリル硫酸ナトリウム ・ラウレス硫化ナトリウム

・ラウレス硫化アンモニウム ・オレフィンスルホン酸ナトリウム など。。。

 

 

【石けん系】

石けんを主成分としている界面活性剤は、生物分解が早いため環境に優しい成分と言えます。

しかし、石けん系の界面活性剤は、洗浄力も強いため、皮脂を取りすぎてしまう恐れがあります。

また、アルカリ性の性質は、タンパク変性作用があるため、皮膚に対する刺激もあります。

キューティクルを開かせ毛髪の摩擦を生み、きしみやすくしもしますので、シャンプー後には酸性の

コンディショナーで中和が必要になります。

石けんシャンプー=安全、という考えがあるようですが、

環境には優しいものの、全てのワンちゃんに適しているとは言えません。

高級アルコール系と同様、皮膚が弱い、あるいはアレルギー性皮膚炎があるワンちゃんにはあまり向いていません。

 

〈代表的な石けん系界面活性剤〉

・脂肪酸ナトリウム ・脂肪酸カリウム など。。。

 

【アミノ酸系】

アミノ酸系界面活性剤は、

アミノ酸の一種であるメチルアラニンやグルタミン、タウリンなどから作られたものです。

比較的新しい界面活性剤であり、低刺激で皮膚にも被毛にも優しく、保湿力も高いという特徴を持っています。

洗浄効果がやや低いため、さっぱりと洗い上げたい場合には、物足りないと感じるかもしれませんが、

皮膚に優しい界面活性剤の代表格と言えるでしょう。

中には、ラウロイルメチルアラニンNaのように、皮膚に優しく、洗浄力も高いという優れた性質を持っているものもあります。

アミノ酸系界面活性剤は、他の界面活性剤よりも原材料が高いため、高価格なシャンプーに使われていることが多いです。

 

〈代表的なアミノ酸系界面活性剤〉

・ラウロイルメチルアラニンナトリウム ・ココイルグリシンナトリウム ・ウラロイルグルタミン酸TEA

など。。。

*  アミノ酸系界面活性剤にはたくさん種類がありますが、「ココイル〜」や「ラウロイル〜」などの表記があればアミノ酸の成分が含まれているということになります。

 

 

●カチオン(陽イオン)界面活性剤●

親水基が陽イオンに電離する界面活性剤。柔軟作用や静電気防止作用、殺菌作用を持っています。

カチオン界面活性剤は、シャンプー後にマイナスに帯電した髪に吸着し、ごわつきをなくし、被毛に柔軟性をもたらします。

主にトリートメントやコンディショナーに使用されています。

皮膚への刺激性は強いので、直接皮膚に付けない方が良いでしょう。

 

〈代表的なカチオン界面活性剤〉

・塩化ベンザルコニウム  ・ベヘントリモニウムクロリド  ・ステアラミドエチルジメチルアミン

・ラウラミンオキシド  など。。。

 

 

●両イオン界面活性剤●

酸性の水では陽、アルカリ性の水では陰に帯電するので両イオンと呼ばれています。

髪の汚れを落としつつ、保護成分を髪に付着させるという性質があります。

洗浄力は弱いですが、アミノ酸系よりもさらに低刺激のため、

薬用シャンプーや、ベビーシャンプーなどに使われたりします。

 

〈代表的な両イオン界面活性剤〉

・ラウラミドプロピルベタイン  ・コミカドプロピルベタイオン  ・ココアンホ酢酸ナトリウム など

 

②非イオン性界面活性剤

●ノニオン界面活性剤●

酸やアルカリ、また硬水の影響を受けにくく、使いやすい界面活性剤です。

洗浄力は極めて弱いのですが、低刺激で安全性が高く、泡立ちが良いのが特徴です。

他の成分と混合して利用されることが多いです。

 

〈代表的なノニオン界面活性剤〉

・アルキルグルコシド  ・デシルグルコシド  など。。。

グルコースから作られた成分で、〜グルコシドの表記になっています。

 

 

 

 

このように、界面活性剤にはさまざまな種類と特性があることがお分かりいただけたかと思います!

シャンプー剤はいくつもの界面活性剤を混ぜ合わせて作られていますが、その種類を知ることによって、

どのような性質を持っているものか理解することができると思います( ^ω^ )

また、人用の化粧品、シャンプー剤の成分は全表記が義務付けられていますが、

犬用のシャンプーは雑貨扱いになっているため、全表記されていない場合があります。

なので、「全成分表示」・「化粧品登録」などと謳っている商品をおすすめします!!( ´ ▽ ` )

長々とシャンプー剤の界面活性剤のことをまとめてみましたが、、、、

この自粛期間中、お家シャンプーも増えると思いますが、愛犬の皮膚・被毛の健康維持のために、謳い文句を鵜呑みにするのではなく、ぜひしっかりとご自身の目でシャンプー剤を選んでみてください( ^ω^ )♪

次回は、お家でのシャンプーのコツ、注意点などをまとめてみようかと思います♪

では( ^ω^ )

Dogsalon LiGAR(ドッグサロン リガール)

〒157-0062
東京都世田谷区南烏山4-20-4 千歳屋ビル1F

OPEN:【平日】10:00 - 19:00 【土日祝】10:00 - 20:00

CLOSE:水曜日

TEL:03-6279-5485

LINEで予約もできます!

LiGAR(リガール)のIDを友だち追加していただくと、
営業時間外でもトークからのご予約のお問い合わせが可能です♪
また、おトクなキャンペーンやイベントなどのお知らせも随時行っております!

QRコード

※携帯でQRコードをかざしてご登録ください。

関連記事

  1. 10月31日ご来店のモデル犬♪
  2. 11月29日ご来店のモデル犬♪
  3. 3月12日ご来店のモデル犬♪
  4. 2月23日ご来店のモデル犬♪
  5. お家でのシャンプー^ ^
  6. 10月3日ご来店のわんちゃん♪
  7. 7月26日ご来店のモデル犬♪
  8. 3月27日ご来店のモデル犬♪

カテゴリー

PAGE TOP